仕組みを知って安心!レーザー脱毛のメカニズムと適した部位とは?

レーザー脱毛のメカニズムとは?

レーザー脱毛は医療機関で受けることができ、痛みが少ないことから人気の脱毛方法の一つです。比較的短期間で効果が出やすく、医師に任せるので安心して施術をすることができます。レーザーでの治療では、それぞれのターゲットを絞った「選択的光線治療」をすることが可能です。脱毛の際は、黒いメラニン色素や皮膚の下の毛の色に反応するので、皮膚の表面や深組織を傷つけることなく行うことができます。メカニズムとしては、レーザーを照射すると毛に熱が伝わり毛包部分が熱くなることで、毛を製造する場所や毛母細胞を壊し、毛が生えづらくなるのです。毛には周期があるので、何回か施術を繰り返すことで、毛が生えてこなくなります。

レーザー脱毛に適した部位とは?

レーザーは、メラニン色素などの黒いものに反応するので、比較的濃い毛の部分に効果的です。よって、脇、腕や足の濃い部分、Vラインなどに適していると言えるでしょう。逆に顔や手の甲などの産毛には不向きです。また、色素に反応するので、色素沈着のある部位、シミ、そばかす、ほくろなどには照射をすることができません。パッドを覆うことで周りを照射できますが、その部分はできないので針を使ったニードル方法などを併用することがあります。しかし、それらのレーザーを使用してシミやそばかすの治療に使用することも可能です。レーザー脱毛を扱っているのは医療機関なので、脱毛と共に色素沈着の治療をする場合は、医師に相談してみるといいでしょう。

エステなどの部分を脱毛する施術で、最も人気が高い部位はワキになります。ワキは人目に付きやすいうえに、ムダ毛が濃いため脱毛効果が分かりやすいという特徴があります。