健康にも美容にも効果的!血液クレンジング

血液クレンジングの方法

血液クレンジングとは、体内から100ccから200ccの血液を採取し、オゾンガスに曝したあと体内に戻すという治療方法で、別名をオゾン療法とも言います。日本ではアンチエイジングなど美容目的のイメージが強いですが、ヨーロッパでは虚血性疾患に対して有効な治療方法として認知されており、保険の適用対象になっているほか、B型、C型肝炎の治療やHIVウィルスの増殖抑制、アトピー性皮膚炎など様々な疾患に効果があると言われています。

血流改善や免疫力の向上にも効果的

血液クレンジングは病気治療だけでなく、血流の改善や免疫力の向上にも効果があると言われています。具体的には高脂血症で血液がドロドロの患者さんが血液クレンジングを行なった結果、俗に言うサラサラ検査(Mcfan)で約5秒、血流が改善したケースもあり、これは1週間程度の生活習慣の改善による効果が平均1~2秒であるのに対し、驚異的な数値です。また、オゾンが白血球と反応することで、インターフェロンなどのサイトカイン量が増加し、免疫力がアップすることも確認されています。

アンチエイジングにも効果的

血液クレンジングには細胞内atpを増加させ、細胞の働きを活性化させたり、抗酸化作用のあるSOD酵素を増加させる効果があります。これにより体内の活性酸素を除去し、体の酸化を防ぐことでアンチエイジングにも効果的です。

様々な効果が期待できる血液クレンジングですが、日本では主に美容外科で施術されています。施術を行なっている病院はインターネットなどで簡単に検索できるので、興味のある人は一度調べてみると良いでしょう。

血液クレンジングの効き目は、各自の年齢や生活習慣などによりますが、健康状態の改善を目指すうえで魅力的な取り組みといえます。